万葉の湯 小田原お堀端 小田原

TEL.0465-23-1126 24時間営業/年中無休

  • 新着情報
  • 限定クーポン
  • 営業案内
  • 館内案内
  • 交通案内
  • お問い合わせ

湯河原温泉とは?

徒歩・自動車をご利用の方

徒歩・自動車をご利用の方

万葉集の中で、温泉の湧き出ている様を歌っているのは、この一首のみです。この歌は、巻十四の東歌(あずまうた)の中の相聞歌として相模(さがみ)の国の歌十二首の中の八首目に出てきますが「足柄の土肥の河内に出づる湯」という温泉が湯河原温泉であることは、万葉研究の第一人者で歌人の佐佐木信綱博士によって考証されています。

湯河原地方は当時から土肥(とひ)と呼ばれていました。大化の新政令が公布された頃は、箱根山の東の麓に足柄の国があり、上・下の二郡に分かれていました。土肥郷は、足柄の下郡(しものこおり)に属する五郷の中の一つでした。現在でも湯河原町は、神奈川県足柄下郡湯河原町となっています。当時は五十戸をもって郷としていましたが、土肥郷は七戸(人口三十~五十人)であったといいます。しかし、人々が歌を詠むほど、湯河原の温泉は身近でよく知られた存在であったことがうかがわれます。

緑あふれる湯河原の山中、地下およそ八百メートルよりこんこんと湧く源泉を湯河原の温泉の歴史にちなんで『万葉の湯』と名付けました。毎日源泉より運ぶフレッシュな温泉を都会でお楽しみいただけます。湯河原の温泉は将軍家に献上され江戸に運ばれていた歴史もあり、現在では『湯汲み道中』として郷土の祭りにその歴史を伝えています。毎日湯河原より運び都会で楽しむ天然の温泉は現代の湯汲み道中とも言えます。

徒歩・自動車をご利用の方

温泉法施行規則に基づく掲示

源泉名

湯河原温泉 万葉の湯(湯河原 第183号)

揚湯量

毎分 65リットル

泉質

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 弱アルカリ性 低張性 高温泉

泉温

68℃

適応症

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、 痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化

温泉法施行規則に基づく掲示

1.温泉の加水について
源泉温度が高いので加水しています。
2.温泉の加温について
入浴に適した温度に保つため加温しています。
3.循環装置等について
温泉資源の保護と衛生管理のため、循環濾過装置を使用しています。
4.入浴剤、消毒について
入浴剤の使用:使用していません。
消毒処理:神奈川県公衆浴場条例を満たすため使用しています。
消毒の方法:塩素系薬剤

温泉等の管理体制について

万葉倶楽部の既存施設におきましては、レジオネラ菌や大腸菌等の人体に影響を及ぼす菌の繁殖を防ぐため、徹底した泉質検査、最新の温泉活性システムの導入、高温・高圧洗浄機による浴室・浴槽内の洗浄等を実施しております。 また、食品衛生関係も食中毒防止対策を中心に徹底させており、これまでに事故発生および所管保健所の監督・指導を受けたケースはございません。

  • 湯処
  • 味処
  • 癒処
  • 休処
  • 遊処

SNS

  • Facebook
  • LINE

Amenity

お使いいただける充実のアメニティー。
ご来館の際は手ぶらでお越しください。

※飲食物のお持ち込みは固くお断りします。※入れ墨あるいは入れ墨類似シールをされている方、暴力団関係者、泥酔されている方のご入館は固くお断りしております。※おむつの取れていないお子様の大浴場ご利用はご遠慮いただいております。別料金になりますが、貸切のお風呂もご用意しております。※小学校3年生以上の大浴場のご利用は、男の子は男性・女の子は女性の各大浴場のご利用となります。※18歳未満の方のみでのご入館はご遠慮いただいております。ご了承くださいませ。 ※当施設(日帰り入浴及び宿泊利用共に)は、保護者の方ご同伴にてご利用願います。(18歳未満の方のみのご利用は出来ません。)